So-net無料ブログ作成
検索選択

久々に [政治]


国会中継をまじまじと見ましたわ。授業と授業の間ですけど。
衆院教育基本法特別委員会たるもの。感想は、面白かったですね。いつもの中継のイメージだと大臣たちは官僚作成のペーパーを読み上げてそれ以外のことは語らず、質問と答えが一致してないことのほうが多いというのが常でしたが、今日はそうでもなかったですねぇ。民主側が対案を出しているということも関係するのだろけども、互いに主張することはしてて、聞いてるほうも互いの言い分がよくわかるかんじだったですわ。教育問題は現実的な話もあるけども、一方で理念的な事柄もある。与野党両党はこの理念が違う。そこはみててわかりましたわ。他の委員会もこれくらいなら見応えあるんだけどなぁ。。
野田さんはまず、戦後日本教育は歴史、人の道(道徳)、宗教、この3つを軽視してきた。これが教育をだめにしていると指摘。これについては安倍さんも同意。僕もです。特に歴史ね。歴史軽視の子供は周りにもたくさんいる。学生でもしかり。歴史というと細かいことを丸暗記というイメージがあるからかなぁ。たとえば日本史知るってことは日本を知るってことだからねぇ。歴史から学ぶってやつ。どうしても嫌なら歴史小説読むだけでもいいと思うけどね。
あとは愛国心。自民は「国を愛する態度…」民主は「国を愛する心…」。野田さん曰く、態度は所詮はlook。見せ掛けだけの愛国心が出来上がることもあると指摘。安倍さんは態度とは心を伴うものと答弁。僕は心があってその先に態度だと思うんだけどなぁ。(まぁ自民党案は学会党の意向を反映せざるえないからしょうがないのかな)
見てて思ったのは、両党の党内議論を知りたいってことでしたね。安倍さんは「政府案は自民党の党内議論をし尽くしているので、この案を引っ込めて再提出するつもりはない」と言った。ならその党内議論を見せて国民を納得させろ!民主もしかり。
イギリスでは委員会の場で内閣VS与党の議論、本会議で与党VS野党という議論が行われ、すべての議論が公開の場で行われる。日本も参考にするべきではないか。
教育基本法という重要法案ならなおさらだと思う。密室での話し合いはやめろ!!

話変
相変わらず野田さんって質問上手ですね。毎度のことですけどアッパレです。
でも中継のときに野田さん後ろに座ってる井脇ノブ子と一緒に映ったときにふと気づく。髪型が一緒だ。。。。そのまんま。。。



nice!(0)  コメント(44)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

やりやがった!! [国防]

昼間っから胸糞悪いニュース
なんでも北の将軍様は暴走に暴走を重ね、ついに核実験に踏み込んだらしい。
ついに狂ったか。イカれた国が核を持つことほど怖いものは無い。
この先日本はどうしたらいいのか??
事実がわかり次第また日記に書きまする。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

美しい(借金大)国へ [税金]

まずはこちらをご覧ください。
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm

で、今日の安倍総理の答弁。

鳩山幹事長
「参議院選挙が終われば、結局、消費税を上げるつもりか?」
首相 
「抜本的、一体的税制改革の中で消費税の議論を。」

その後も
松本松本剛明政調会長
「費税をあげるつもりはあるのか、選挙までは国民に言わず、選挙後に増税というのであれば、伝統的な自民党の常套手段といえるがどうか?」

首相
「抜本的、一体的税制改革の中で消費税の議論を…。19年度予算の歳出削減の状況、来年7月に判明する18年度予算の状況、医療制度改革を踏まえた社会保障制度の実績等を踏まえて見るいく。」

松本松本剛明政調会長
「??具体的にどうするつもりなの??いつまでに歳出削減を行うのか?その後は??」

総理
「先ほども申しましたとおり、以下同文」

松本松本剛明政調会長
「参院選後に増税すると理解してよろしいですね?」

総理
「先ほども申しましたとおり、以下同文」

やる気ねぇ…
まず、参院選前だから消費税増税というタブーは口にしたくは無いのだろう。だとしても今日の答弁は無い。
首相、あなたの言う抜本的、一体的税制改革の大まかな中身はなに?歳出削減⇒必要な分は増税という路線は間違ってない。日本の借金の状況は先のとおりだ。19年の7月など関係ない。これを解消する青写真を示してほしかった。現段階で首相がどう考えているのか。その中の細かいことはその7月にわかる予算の歳出削減の状況、18年度予算の状況、医療制度改革を踏まえた社会保障制度の実績等を考慮して協議すればいい。そもそも官僚という日本のエリート集団がいながら7月までわからないというのも妙な話だが。。正確でなくとも議論の材料になる数字くらいはでるだろ!
いまは消費税の件のみあげたが、今日の代表質問はひどい。
ニュースでも叩かれてましたね。。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=9021
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=9020
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=9022
(自民は無いんですよ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

教育夏まつり2006 [教育]

この前の日曜日でのこと、
日本教育再興連盟たるところ
http://www.kyouikusaikou.net/
が主催する教育夏まつり2006というものに行ってまいりました。
参議院議員の鈴木寛さん、百マス計算で有名な隂山英男先生、杉並区立和田中の藤原和博校長などの教育界の熱い方々が集合!今の教育の問題点を真剣に、熱く語っていただきました。

面白かったのは隂山英男先生の授業。
世の中は学力低下。よって授業内容は簡単になった。しかし点数は伸びない。それは子供の脳(の回転)事態が低下しているからとのこと。その原因は3つ
①睡眠(何時間寝るか)
②食事(朝食)
③時間の使い方(TVなどを見る時間)

よく言われることだけど、脳を最高の状態にしておくには8時間の睡眠が必要。③にも関係するが遅くまでおきている子供が増えているとか。睡眠時間を削ってまで勉強するのは現代人の悪い勘違いとのことです。
また朝食をきちんととることも必要で、ご飯、味噌汁、おかずが一番効果的。いろいろなものをたくさん食べるほうがいいそう。味噌汁とか様々な具が入っているため効果的だとか。
時間はとても大切らしい。1.5時間以上TVを観ると確実に学力が低下するとのこと。
そこから現代人の勘違いがわかる
①学力upのために睡眠時間を削って勉強するのは愚の骨頂。
②学力低下を問題視しているにもかかわらず子供にTVを制限無く見せまくるのは馬鹿。学力低下とTVの視聴時間の間に因果関係があることが専門調査からも明らかであるとのことです。

PCの内部に例えてました。PCが快適に動くにはCPUのスペックが高いことが重要。記憶させてるHHDだけ大きくても情報をすばやく処理できない。
今の多くの子供はHHDだけ大きいPCだと。
では人のCPU(脳の回転を早める)を高めるにはどうしたらいいのか?

A、使えばいい。使わないから低下するのだ。
使う方法の例として音読と100マス計算に挑んだ。音読は立ち、腹に力を入れて口の形を正しくして声を出すというもの。
「あ、え、い、う、え、お、あ、お」「か、け、き…」…と。これだけでも脳は活性化されると。
さらに100マス計算。2分以内がめやすらしい。

これらは例だが、毎日脳を使う訓練をする必要がある。
とのことでした。

最後にこの日のメイン?イベントであるシンポジウム。
これは面白かったし、何よりも有意義だった。
このイベントで前に座っていたレモンさん(ラジオDJ)こと山本シュウさんが今の日本の教育において、中身がすっからかんになった日本の大人の問題点を指摘。そこから会場ヒートアップ!今の日本の教育問題について様々な話が飛び交った!

「日本は戦時中、親家族そして国を大切にした。戦後は焼け野原のなか家族を必死に守ろうとした。しかしそれが行き過ぎ、自分の家族以外はどうでもいい。さらに今は自分以外はどうでもいいとなった」
「何のために勉強するのかわからない大人と子供」
「やる気のない先生多い」
「中学ではやる気があり、ほんとに子供のためを思う先生を校長にせよ」
「校長は5年は1つの学校にいてほしい。人事が障害」
「1つの学校の学力が上がると実は教育委員会が困る。なので圧力発生。出る杭は打たれる状況にある」
「文科省と各自治体教育委員会の間には教育政策に対する温度差有り」
「よい首長、校長のところはよくなっている」
「教育改革は全体的にスピードが遅い」
「偏差値50以下の私立を受験させるのはいかがなものか?」
「親の受験圧力のせいで特色のあった私立校がどんどんつまらない進学校に変わってしまっている」
「スウェーデンでは教育に対する意識が高い。教員は人気職。TVもニュース、ドキュメンタリーなど。勉強しないことを美とするドラマやバラエティーなんてものは無い!勉強しないと恥、というより勉強することが当たり前の環境。」
「熱心にならないほうが先生としては楽。もちろん教育委員会も」
「よく親子のコミュニケーションといわれるが、世の中の3割の親は無理。どうしようもない」

などなど、白熱した意見交換。
次回開催時には教育問題に興味を持っている人をつれてきたいと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『ここが変だよアメリカ政府!』 中東斬り!①  [海外]

 今イスラエルはレバノンへの攻撃をしています。よく知らない人のために簡単に説明すると、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラがイスラエルに対して攻撃をしたことがその始まり。これに対してイスラエルはこのヒズボラを支援している国家レバノンを攻撃しているわけ。イスラエルとアラブ諸国とのいざこざ(常識)までは触れないので知りたい人は各自調べてください。
 
 問題は攻撃によって民間人多数の被害が出ているということ。先日のカナへの爆撃では54人が亡くなり、その半数以上が子供だったということが報じられたのは皆の記憶に新しいと思います。国連も何だ打開策を見出すこともできず、それに憤りを感じる群集が暴徒と化し、ベイルートの国連施設を襲ったとも。
 無論世界中の国々は黙っていない。中東アラブ諸国やEU各国などは即時停戦を国連に持ちかけるなとしている。が、事態は一向に好転していない。その理由は知ってのとおりアメリカ!!
 北朝鮮やイランなどの敵対する国に対しては強行姿勢でありながら、友好国になったとたんどんなことでも容認しているからだ。アメリカを親に例えていうと、嫌いな子供には厳しくあたり、何か悪いことをしたら罰するか、法廷に突き出したりするのだが、自分のいうことを聞くかわいい子は甘やかし、明らかに悪いことをして、周囲から非難されても「うちの子は悪くないのよ」というのだ。子育てが下手なダメ親の典型なようだが、これが世界最強の巨大国家なのだから笑えない。アメリカがイスラエルびいきであることの理由はいまさら説明の必要は無いだろう。
 ただ自分はいつも疑問に思う。確かにアメリカ国内の政財界のつながりが強く、ユダヤ人が強い影響力を持っているということもわかるが、国内世論を左右するほどの力を持っているのだろうか?あの空爆による悲劇の映像や写真を見たら普通は今のイスラエルの軍事行動に対し疑問を抱くだろう。当然民主主義なのだから政府は世論には常に気を使っているとは思うのだけど…。ブッシュさんは3期目はないから世論なんか知らんってこと?
 自分の勉強不足だとは思うのだけどこのアメリカだけは理解不能。普通のアメリカ人はイスラエルや中東情勢についてどう考えているのかなぁ?遠い海外の情勢など自分たちの日常には関係ないから無関心なの?(現に大統領制の最大のテーマは常に国内経済らしいが…)だから政府も世論なんて無視?あるいは中東情勢はメディア規制?(これはないと思うが…)それともアメリカ人は皆イスラエルを支持?だとしたらアメリカ人の神経って…

 果たしてアメリカはきちんと民主主義が機能している国家なのか?
あ、これ以上これ語ると政治学科の深めの授業の内容になってしまうからひとまずきります。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ポスト小泉に告ぐ [政治]

 総裁選の前哨戦と位置づけ、衆院比例選ブロックごとに開かれるブロック大会の第1弾。「ポスト小泉」候補の安倍官房長官、谷垣財務相が出席し、海外出張中の麻生外相もビデオ出演し、総裁選に向けた論戦が事実上スタートした。
 安倍氏は「今ある憲法をどうするのか。憲法改正についてもしっかり議論していきたい」と訴えた。
 谷垣氏は「国の借金がたくさんある。子どもや孫に先送りするのはもうやめよう」と財政再建の必要性を強調した。アジア外交などを巡っては、両氏の意見の違いも浮き彫りとなった。
(読売新聞) - 7月28日

 自民党総裁はいよいよ本格化。谷垣さんは歳出削減を謳いつつ消費税率の引き上げに言及。10%までは上げると明言している。アジア重視。靖国No!
 一方の安倍さんは歳出削減を叫びつつも増税にはニュアンスをぼかしている。しかし彼は外交について、アジアの中で日本が主導権を持つ外交展開も必要と主張。先の北朝鮮ミサイル発射でその手腕を証明した。このことは評価するにしても、これは非常事態の中でのことで、通常の問題で今回のやり方が通用するとは思えない。
 小泉さんは増税はしなかったが、社会保障などのカット、保険料UPなどで国民に負担を強いてきた。そもそもいまさらポスト小泉のやつらが歳出削減、その後増税などとほざいているのはおかしい。小泉さんの主張通りなら今頃歳出削減はひと段落し、さて足りない分をどうしようという段階のはず。今も歳出削減などとほざいているということはこの5年間歳出削減にしっかりと取り組んできませんでしたと言っているも同じ!
 安倍さんは小泉さんのカーボンコピーみたいなものだが、歳出削減をやるならきちっとやり、増税するときは説明責任を果たした上で実行してもらいたい。あいまいに答弁し、開き直るところまでコピーしてもらっては困る。これまで聖域といわれていたところにもメスをいれ、これ以上無理というところまで歳出削減せよ。中途半端に手をつけて改革者面して、いつもいつも歳出削減を叫び続けるなどやめてほしい。そういった意味でも将来増税を行うつもりですくらいのことは言ってほしいが…
 さて、だれになるのかなぁ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

歴史は繰り返される? [国防]

先日の国連での北朝鮮への非難決議。
採決後に北朝鮮は「決議を完全に拒否。ミサイル発射を続ける」と捨て台詞を吐いて議場から退場。国際社会から完全に孤立の様相を見せている。その様子をTVニュースで見たときにある光景を思い出す。
満州国建国後、日本の国連大使松岡洋右は国際連盟の調査結果を不服として議場を退場した。
このときは満州事変および満州国の建国について世界が「NO!」としたため、日本は国連から去った。今回の北朝鮮も同じだ。要は思い通りにならないから駄々をこねるということ。

しかも今回の北朝鮮の行動は軍部暴走説もある。だとするとまさに当時の日本。
暴走してミサイル乱射ってことは本当にありうるわけで、日本もまさに攻撃されるという意識を持った上で行動する必要があるだろう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

掃除屋小泉さん [政治]

最近、さまざまなメディアで、小泉総理の任期満了を前に小泉政権の5年を振り返るといった類の特集が目に止まる。
主な評価は、自民党は壊した!景気を回復した!!しかし格差社会という負の側面を生んだ!アジア外交は壊れた!というもの。

なので自分なりにも小泉政権を振り返ってみようとおもってみたりする。
(先日、元北海道ニセコ町長で民主党の逢坂誠二の公演を聞いた。その際に面白いたとえ話をおっしゃっていたのでその表現を借り、ちょっと自分なりにアレンジして伝えようと思います。パクリ?いいんだよ。。。。)

政治=部屋掃除
政治課題=部屋のゴミ
清掃会社=政党
政治家(総理)=掃除屋
部屋の持ち主=国民

とします。

これまでの掃除屋(自民党の歴代総理)は人が変わっても、清掃会社の裏マニュアルの影響で、決まったところしか掃除しません。その裏マニュアルというのは、第1に官僚という名のねずみが好物の部屋の隅にあるチーズは絶対に手をつけない、第2に族議員という名のゴキブリの好物である残飯に手をつけないというもの。おかげでねずみとゴキブリは成長×2!
部屋はどんどんばっちくなっていました。
そこに今までと違う掃除屋が登場!

Mr.KOIZUMI

彼はこれまでの掃除屋が手をつけなかったものに手を出す。生ゴミは処分!ゴキブリにアースジェットを吹きかけ、彼らを殺したり、殺すまではいかなくとも全身麻痺くらいにした。ゴキブリがいなくなり、部屋はかなりきれいになったように見えた。部屋の持ち主は小泉掃除屋を高く評価した。
彼はチーズにも手を出した。しかし目の敵だったゴキブリに比べて、ねずみにはあまり関心がないのか、大きなチーズの塊を撤去したはいいが、細かくして部屋の見えないところに隠してしまった。そう、大きな仕事のうち片方をごまかしたのだ。無論部屋の持ち主はゴキブリがいなくなったことと、部屋が表面的にきれいになったことでご満悦。小泉さんを称えた。

こうして考えてみると小泉さんは特殊ではない。1つの部屋を別の人間が掃除すれば前の人が掃除していないところに手を出すのは当たり前。そうすることで同じ会社の中でも人が変わることでマニュアルも徐々に進化する。しかしこれまでの掃除屋(歴代の総理)は裏マニュアルにとらわれ、同じところを放置し続けてきた。当然マニュアルの進化などほとんどなかった。これが異常と言える。 そんな中、同じ会社の中でも革命ともいえるマニュアル改革を行った小泉さんに自分は一定の評価をする。人が交代することで生じる効果を最大限に発揮したからだ。確かに自民党清掃会社は小泉マニュアルのもと生まれ変わった。しかしその一部には不の部分も残っている。
 個人でなく、会社単位でも起こる。むしろ同社内で人が変わるよりも、会社が違うほうがそのマニュアルも大きく違う。部屋をより早く、よりきれいにするなら会社を変えるに限るだろう。交代することでどんどん部屋がきれいになっていく。 小泉さんはこれに近いマニュアル改革をしたってこと。でも完全にはこれまでのものと決別することはできなかったよう。

ごもっとも。政権交代って大事ですね
 
 逢坂さんはこれを政権交代の例えに使っていた。つまり、人が変わる=これまで手のつかないところに手をだす(同時に逆もありうるが、そこは部屋の持ち主が気づく)。それによって部屋がどんどんきれいになっていく。部屋をきれいにする手段が政権交代であるとのことでした。

さて、ポスト小泉を見てみよう。
  福田さん以外は小泉路線(小泉マニュアル)
  福田さんはこれまでの自民路線(裏マニュアル)

いづれにしても大きな変化を求めることはできない。これまで&今の状況に不満があるのなら、やはり会社を変えないと。

※逢坂さんのたとえ話は、部屋掃除と掃除する人による政権交代の話。それ以外はアレンジのため多少無理がありますがご了承ください。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮の脅威! [国防]

本日のトップニュース
北朝鮮ミサイル発射!なんと7発も。
情報では北朝鮮内部で軍部が暴走とか。。
そんなことはさておき、ひとつ重要なことを指摘しておきたい。毎日のように『北朝鮮ミサイル発射か?』という報道があり、かつ発射されたにもかかわらず日本人はあっそうなんだ程度に終わっているということ。普通の国ならむちゃくちゃなことをしないと考えてもいいが、あの国はヤクザのような国だから何をするのかわからない。たとえばテポドン2号に通常弾頭がついていて、東京なんかに飛んできちゃった時にはどうするのか?核で無いならいいのか?そういう問題ではない。
ミサイル発射後、数分で自分の頭の上に飛んで来るかもしれないということを少しまじめに考える必要がある。平和ボケもそろそろ終わりか?
政府はもちろん国民がそんな感情を抱かなくてもいいようにする義務がある。
まずは外交的に北がミサイルを撃てない状態にする。赤の国には圧力だ!
それだけでなく、打った場合に対処するハードの整備を早急にする必要がある。
月曜の新聞には今月中にも米軍が沖縄に迎撃ミサイル配備、でもアメリカが発射判断という記事があった。米軍の配備はもちろんだが、自衛隊も最新鋭の装備を揃える必要があるだろう。まったなし!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

公務員のボーナスって… [役人]

『平均77万円 都職員にボーナス』
今朝の東京新聞東京欄の1記事の見出しです。
なんでも昨日、都の職員・議員に対して夏季特別給(ボーナス)が支給されたとのこと。
職員1人あたりの平均額は控除後で773,000円(昨年比4千円減)なり!率は2.075ヶ月分。
ちなみに国家公務員はもう少し多い。
http://www.soumu.go.jp/jinji/kyuyo.htm#kyuyo-4
を参照されたし。
ちなみに石原都知事は自主的に10%の減額措置をとって約3,638,000円だとか。副知事は約3,295,000円(OoO;)
ちなみに都議会議長は2,995,000円、副議長は2,702,000、議員は約2,405,000。

をまぁ民間と比べるとやや少ないのかな。
この記事を読むとあることが頭をよぎる。公務員は金儲けをしているわけではないから普通に考えればボーナスはないはず。いらないのではないかと。

実際はそうとはいえず、いい人材が民間ばかりに行って、行政側にアンポンタンしかいなくなるという事態をさけるという意味でやはり必要なのかなと感じている。

そういえば、先日財政破綻し、財政再建団体入りした北海道夕張市では前年を上回る平均755,000ウ円のボーナスが支給されたとか。数字のマジックでこのようになったらしいがこういうことはおかしいと思う。
営業成績の悪い会社はボーナスが無いかあるいは少ない。公務員も民間を基準にするだけでなく、財政状況も吟味する必要があるかと。財政状況が自分の収入に影響するなら財政に関して多少は敏感になるのではないか。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。